運気行動講座

人生は、行動によって作られています。今後の人生は、行動を変えることで、変化して行きます。

人が行動するためには、原動力となるものが存在します。

1つ目は、人間が生きるために必要な食料であります。人の体は、食べたもので作られ、食べたもので元気にもなれば、病気にもなることもあり、行動に影響を与えます。

2つ目は。心の気であります。人は、無気力になると行動が止まってしまいますし、やる気が上がると行動力も上がります。

3つ目は、外部からの影響力であります。天気の状態によって人は行動を変えます。また、社会現象で、景気や人気などによっても行動は変わります。そして、人間関係の気分によっても行動が変わります。

このように人間の行動には、すべて「気」が関係しています。

気とは、大自然の根源的なエネルギーのことであります。人間も大自然の中の一部であるため、気によって、行動し、変化しているということです。

人生は、「気」で変わります。

もっと気の働きを知り、気の力を利用することで、人生は上昇することが多いものであります。

人間は人気というものを持っています。心には気持ちがあり、気の持ち方によって人生に影響を与えていることが知られています。

「気」は人生にとって、非常に重要な要素であるということです。

「病は気から」と言はれるように、心に持っている気によって、活気の状態が変わり、健康は変化します。

また、「対人は気から」ということでもあり、心に持っている気によって、人気の状態が変わり、対人も変化します。

そして、「財は気から」ということもあり、心に持っている気によって、景気の状態が変わり、経済も変化するというものであります。

人の人生は、気によって大きく変化するものです。人は気にしたものが見えて、気が向くことに手を伸ばし、気が進むことを行います。時には、気の迷いによって人生を左右する選択と出合います。

気の選択で、何を選ぶかによって人生は転んで落ち、反対に、何を選ぶかによって人生は上へと昇って行きます。

気で選んだものによって、進む方向が決まり、行動が起こり、人生のドラマが繰り広げられるものです。

人生は気の選択によって変化し、何を選ぶかによって、決まって行くということであります。

大自然の大気の活動を知り、気流の風を利用できる人は気力を得られるのと同じように、大自然の中の一部である人の健康の活気、対人の人気、経済の景気など、気の活動を知り、利用できる人は、人生の運気が上昇するということであります。

運気行動学では、人生を変化させる気の働きについて、健康、対人、経済などの解説をしておりますので、ご覧いただければ幸いです。

では、一人でも多くの方に、人生の好転に役立てていただけることを、心より願っております。

 

 

「運気行動学」情報の受け取りは、こちら